【アニメ】『ヒナまつり』ヒナくるくる回されて骨折させられる。新田壊れる。割烹着姿のアンズ可愛い。

『ヒナまつり』の第7話のネタバレ感想書きます。

 

まだ見てない人は注意してね。

 

第7話のネタバレ感想

ヒナ骨折する

ヒナのおかげで詩子とデートができることになった。

 

ヒナのおかげで詩子とデートできることを知った新田は嬉しくなってヒナを抱きかかえくるくる回した。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180518234129j:plain

 

くるくる、くるくる、何度も回った。

 

ヒナは回されて、回されて、回されて、足をぶつけた。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180518234429j:plain

 

ヒナ「あいったーーー」

 

ヒナの悲鳴がリビングにこだまする。

 

ヒナは骨折して入院。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180518234631j:plain

 

こんな状況では詩子とのデートにはいけないと新田は言ったが、ヒナは「行って」と言った。

 

ヒナの寛大さに涙した新田はデートに向かう。

 

そしてこうなった↓↓↓

 

f:id:kanifkdlljdl:20180518235039j:plain

 

よだれを垂らしながら街を歩く新田。詩子に振られたのだ。

 

この経験、僕もある。さすがによだれは垂らしてなかったけど。気持ち的にはこんな感じだった。バイオハザードのゾンビみたいな気分だった。

 

まあ、ゾンビの気持ちなんてよくわからないけど。

 

でも、なんとなくそんな気分だった。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180518235459j:plain

詩子「だからバツ1子持ちはちょっと」

 

と言って新田の告白を断ったという。

 

新田はバツ1子持ちではないのに。血のつながりないのに。

 

哀れ新田。

 

ちなみに僕はバツ1子持ちではありません。なのに持てません。理由は聞かないでください。泣きたくなるから。

 

アンズがいろいろと可愛い

f:id:kanifkdlljdl:20180518235911j:plain

ラーメン屋の夫婦に引き取られたアンズ。割烹着を着て、店で働くことになった。アンズ自身が働くと決めたのだ。

 

たぶんアンズは中学生くらいの年齢。なのに学校にも行かず、ラーメン屋で働くなんて。泣けるね。僕がアンズの立場だったら『なんで僕がラーメン屋なんかで働かなければならないんだ』と不貞腐れていたと思う。なのにアンズはラーメン屋で働けることを喜んだ。

 

ううっ、なんて良い子なんだ、アンズ。僕の娘になってほしいわ。

 

ラーメン屋の親父に教えに耳を傾けるアンズ。

 

親父「お客さまは神様だ」

 

そう親父が言ったときのアンズのリアクションがこちら↓↓

 

f:id:kanifkdlljdl:20180519000457j:plain

 

すごいびっくりしています。お客様が本当に神様だと思ったのだと思います。

 

純粋で素直な子ですね。悪い大人に騙されないといいのですけど。あっ、僕は悪い大人ではないですよ。ダメな大人ではありますが。

 

仕事を覚えようと真剣になるアンズ。そんなに力まなくてもいいわよとラーメン屋のおばさんに言われる。

 

そう言われたあとのアンズのリアクションがこちら。

f:id:kanifkdlljdl:20180519000943j:plain

おばさん「それはたるみすぎ」

 

極端な行動をするアンズ。やっぱり可愛い。

 

おばさん「今、お客さんいないからメニュー見て、料理の種類覚えておきなさい」

 

と、おばさんに言われるアンズ。

 

アンズはメニュー表を見る。そして「えええええっ」と驚く。

 

f:id:kanifkdlljdl:20180519001249j:plain

 

アンズ「ホイコーロー定食800円・・・これだけでカップラーメン8個買える」

 

ラーメン屋に来る前はホームレスをしていたアンズ。だから金銭感覚が貧乏人の感覚だった。だからホイコーロー定食の値段の高さに驚いたのだ。

 

くっ、泣けるね。

 

最近の中学生の中には援助交際であっさり数万円を稼いでいるような子もいるというのに。

 

ああっ、こんな金銭感覚の娘がほしい。こんな金銭感覚の彼女がほしい。ブランド物のバックがほしいとか年収1000万以上じゃないと論外ねとか言ってる女なんて嫌だ。そういう女はアンズの爪の垢でも飲めと言いたい。

 

客がきた。新田とその後輩だった。

 

新田はホイコーローを頼んだ。800円のホイコーローだ。

 

当然、驚くアンズ。

f:id:kanifkdlljdl:20180519002407j:plain

 

アンズ「お客さまはとてもお金持ちですね」

 

と、アンズは新田に言った。

 

新田「俺のこと馬鹿にしてんの?」

 

と、新田はぼそりと言った。

 

ああっ、こんな金銭感覚の子、どこかにいないかな。吉野家の牛丼レベルで喜んでくれる女の子いないかな。マックのチーズバーガーで喜んでくれる女の子いないかな。飴玉一個で感動の涙流してくれる女の子いないかな。

 

うん。わかってる。そんな女の子は日本にはいないって。昔はそんな女の子がたくさんいたんだろうな。昭和初期ぐらいには。知らんけど。

 

新田とその後輩の精算することになったアンズ。アンズはレジを開け、そこに並ぶお札を目にして、こんな感じになった↓↓

f:id:kanifkdlljdl:20180519003444j:plain

目が金になりましたw

 

ああ、アンズちゃん。マジで可愛いっす。

 

10000円お年玉であげたいわ。

 

や、やましい気持ちなんてないからね。好意であげたいだからね。勘違いしないでよね。

 

おわりっ