【アニメ】『干物妹!うまるちゃんR』「うまる、浜松のうなぎを食べたいとダダをこねる」「ボンバのアフロは変形する」【第5話ネタバレ感想】

ずるいずるいするい!うまるもうなぎ食べたい!

f:id:kanifkdlljdl:20171106074733j:plain

とダダをこねるうまるちゃん。

 

ボンバーが主張先で「うなぎ食べようぜ」と言った。そのセリフを聞いてうなぎを食べたくなるうまるちゃん。そして食べたさのあまりダダをこねはじめる。

 

うまるちゃんの見事なダダのこね方を見て、ボンバーはこう評した。

 

ボンバー「おお狭い場所で無駄のないダダのこね方!」

 

確かにうまるちゃんのダダのこね方は見事だった。近くにあるテーブルとベットにぶつからないようにダダをこねるというレベルの高いダダのこね方だった。熟練のダダのこね方だった。

 

太平は出張に出かけた。浜松に向かう途中の電車の中。太平はうまるちゃんのことを考えていた。

 

太平「しかし、アイツ1人で大丈夫かな?今頃朝食摂ってると思うけど。いや、そもそも1人で起きられるのか?」

f:id:kanifkdlljdl:20171106075638j:plain

と太平が考えているとき、前の座席から聞き覚えのある声が聞こえてくる。

 

うまる「お兄ちゃん。浜松まであとどれくらい?」

f:id:kanifkdlljdl:20171106080158j:plain

 

驚愕する太平。

なんとうまるちゃんは太平の出張についてきてしまったのだ。

 

出張先について上司のミスが発覚。

 

叶「えっと現地に行く時間なんだけど、朝8時と夜8時を間違えたみたい。叶ちゃん、うっかり!」

f:id:kanifkdlljdl:20171106081036j:plain

と、茶目っ気たっぷりに言う上司の叶。

 

そんな叶を見たときの太平・ボンバー・アレックスのリアクション!

f:id:kanifkdlljdl:20171106081438j:plain

 

叶「ご、ごめんね。だって8時って朝だと思うじゃない・・・」

f:id:kanifkdlljdl:20171106081623j:plain

 と泣きそうな叶ちゃん。

叶ちゃんはときどき今回のようなとんでもないミスをすることがあるらしい。過去にどんなミスをしたのか気になる。

 

僕も過去に大きなミスをしたことがある。小学校の頃です。僕はランドセルを忘れたことがある。教室まで来たときランドセルを忘れたことに気づいたw気づいたときの絶望感を今でも覚えている。ああ、黒歴史!

 

上司のミスのおかげで時間の余裕ができた太平。その時間を利用して太平はうまるとうなぎを食べに行った。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106082901j:plain

うまる「これは浜名湖の養殖ではない天然のうなぎ!」

 

うなぎを一口食べるうまるちゃん。そのときのリアクション!

f:id:kanifkdlljdl:20171106083214j:plain

天に昇るくらいにおいしかったようです!

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106083458j:plain

次にひつまぶしを食べるうまるちゃん。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106083731j:plain

うまる「あっさりとした味わいもなかなか。ううう、鼻を突き抜けるわさびの風味がたまらぬー」

 ああ、僕もうなぎが食べたくなってきた。浜松のうなぎが食べたくなってきた。浜松まで行ってこようかな。

 

課長の叶ちゃん

太平の上司である金剛 叶(こんごう かなう)は太平が勤める会社の社長令嬢。

 

そんな叶をうまるちゃんは太平の彼女なのでは?と疑う。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106102110j:plain

うまる「いっしょにいた女の人は誰ですかな?」

 

太平「上司だよ」

 

うまる「名前で呼んでるじゃん」

f:id:kanifkdlljdl:20171106102307j:plain

うまる「上司なのに名前呼び?おかしいな?変だな?なんでかな?」

 とうまるちゃんは変な顔で疑う。

 

叶は太平の1つ年下。
太平が学生時代はいっしょにいることが多かった。
社長令嬢で課長職をがんばっている。

 

と太平は語った。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106104044j:plain

仕事をがんばる叶ちゃん。

 

太平「あの若さで課長なんてプレッシャーもあるだろうに。ミスもするけどアイツなりにがんばってると思う」

 

叶「えっと現地に行く時間なんだけど、朝8時と夜8時を間違えたみたい。叶ちゃん、うっかり!」

f:id:kanifkdlljdl:20171106081036j:plain

 

叶「ご、ごめんね。だって8時って朝だと思うじゃない・・・」

f:id:kanifkdlljdl:20171106081623j:plain

という感じにミスもするけど、がんばっている叶ちゃん。みんな応援してあげてね。

 

そんな叶ちゃんは太平が大好き。

f:id:kanifkdlljdl:20171106104654j:plain

太平と出張と考えただけでこんな顔をしてしまうくらい太平が大好き。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106104820j:plain

2週間の出張の間に太平との間に何かが起きるかもと思いニヤついてしまうくらい太平のことが好き。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106105029j:plain

広告を見てこんな妄想をしてしまうくらい太平のことが好き。

 

そんな太平大好きっ娘の叶ちゃん。

 

こんな素敵で一途でがんばり屋の上司が僕の勤める会社にいたら僕はもっとがんばれるのに。残念。ちなみに僕の上司はバーコードです。バーコードおじさんです。はあ~、理想と現実のギャップにため息しかでない。

 

ボンバのアフロは変形する!?

f:id:kanifkdlljdl:20171106105839j:plain

ボンバ「切絵!お土産だぞ!」

 

と大きな声で言いながら切絵ちゃんの部屋のドアを開ける。

 

驚く切絵ちゃん。そして悲鳴を上げる。

f:id:kanifkdlljdl:20171106110047j:plain

そして切絵ちゃんは木刀を手に取り、ボンバに向かって投げた。

 

f:id:kanifkdlljdl:20171106110235j:plain

ボンバはアフロを変形させて木刀をかわした。

すごい。ボンバのアフロを変幻自在に動かすことができるようだ。