漫画「ゆらぎ荘の幽奈さん」の性表現は「子どもに悪影響!」と騒いでいる人たちがいる。子どもに悪影響なのはお前たちだろが!

弁護士や大学教授などが怒っている!

『週刊少年ジャンプ』で連載中の「ゆらぎ荘の幽奈さん」(作:ミウラタダヒロ)

 

この漫画の性表現が子どもに悪影響を与えると騒いでいる人たちがいるようだ。

 

例えば弁護士の太田啓子さん。

 

太田啓子「息子には少年ジャンプは読ませない。息子をもつ保護者の皆さん。少年ジャンプ編集部に抗議を。どうかと思うよ」

 

とツイッターに投稿。

 

太田弁護士は「性暴力を娯楽とする表現から息子を遠ざけたいだけで、性表現全てから息子を遠ざけたい」わけではなく、あくまでも「セクハラを娯楽として描くのは問題」だと考えているという。

 

ジェンダー研究が専門で大阪大学教授の牟田和恵さんも「こうして子供の頃から、女性をただ性的対象物として見ること、嫌がっている相手の意思を無視して裸にし性的行為を行うのが普通のことだと学んでいくんですね」と憤慨。

 

牟田和恵「女の子の体をパーツをデフォルメしたり物のように扱ったり嫌がっていても大したことではなく楽しいことのように表現したりするのは、子供が誤った認知をする可能性が高いから止めてほしい」

 

確かに青少年には過激なシーンが多い

f:id:kanifkdlljdl:20171103091019j:plain

確かにこの漫画はエッチなシーンが多い。しかも子どもには刺激が強すぎるのではないかと思えるシーンも多い。

 

でも、これくらいの刺激的シーンは今の漫画では普通だと思える。むしろ、この程度の表現で弁護士や大学教授が騒いでいるのかと思ってしまう。

 

この程度で騒いでいる暇があったらネット上に氾濫している刺激的・過激的なアダルト作品を規制する努力をしたほうがいいのではないかと思う。

 

漫画は所詮漫画だ。どれだけ過激な表現をしたところで漫画である。現実ではない。それくらいに区別は普通の人なら誰だってできる。一部の中二病の人だけが現実と漫画の区別がつかなくなるくらいだ。

 

そんなほとんどの人が区別をつけられることに大の大人が騒いでいることが信じられない。ジャンプを読ませないとか騒いでいることが信じられない。

 

そういう大人は結局、子どもというものをバカにしているのだと思う。子どもがエッチな漫画を読めばそれに悪影響を受けて変態的行為をするのだと思っているのだと思う。

 

そんな子どもを見下したような考え方しかできないから性表現が過激なものは排除せよという極端な意見を言うのだと思う。

 

子どもの頃、そういう漫画を僕は読んでいたが、僕はこの人たちが言うような大人にはならなかった。現実の女性を自分の性欲を満たす道具とは思わないし、セクハラをしようとしたこともないし、痴漢をしようと思ったこともない。そういう男性は僕だけではないはずだ。子どもの頃、エッチな漫画を読んでいたが、大人になって女性を軽んじる行為をしていない。そういう男性が世の中にはたくさんいるはずだ。

 

結局、子どもの頃、エッチな漫画やDVDを見て、女性を軽んじるような大人になる男性はほんの一握りなのだ。ほとんどの男性は女性を尊重するまっとうな大人になるのだ。

 

それなのに”漫画がアニメを見たすべての子どもがろくでもない大人になる”という発言を漫画規制派の人間している。許せない。その勘違いに満ちた意見に腹が立つ。

 

もちろん、性表現の過激な漫画が良いものだと言うつもりはない。でも、漫画には一般的には良くないものがあるのが常識だ。

 

例えば人気漫画『ワンピース』

この漫画には暴力が溢れている。暴力によって死ぬキャラも登場する。主人公の暴力によって死ぬキャラもいる。一般的にそれらは犯罪行為だ。許されることではない。でも漫画の中では許される。漫画の中ではそれが常識だからだ。

 

他の漫画にもワンピースと同じような漫画的常識がある。必ずある。それが漫画らしさであり。漫画の面白さでもあるからだ。

 

そしてほとんどの子どもは漫画的常識で現実を見たりしない。「漫画は漫画。現実は現実」とわけて見ることができる。それができるから現実に適応することができるし、漫画を楽しむことができる。

 

本当に一部の病的中二病だけが漫画と現実の区別がつかなくなるだけなのだ。ほとんどの子どもは漫画と現実の区別はついているのだ。

 

なのに漫画を規制・排除しようとする人たちは子どもには現実と漫画の区別がつかないと思っている。それは子どもを馬鹿にしているとしか思えない。

 

でもこういう子どもを馬鹿にしている人たちの中には自分が子どもを馬鹿にしているとわからない人がいる。自分は子どものために漫画を規制しようとしているんだと思っている人もいる。

 

こういう大人たちに僕言いたいことは1つだ。

 

子どもを馬鹿にするな!

 

それだけだ。