【健康】体温がたった1度下がるだけで免疫力が30%も落ちる!?低体温のリスクとは?

f:id:kanifkdlljdl:20171101153154j:plain

低体温とは何か?

低体温とは、人間の基礎体温(一般的には36~37度)より低い状態のことです。

低体温になると体にさまざまなリスクが生じます。

 

低体温のリスク

リスク1、病気にかかりやすくなる

体温は”1度下がると免疫力が30%も下がる”と言われています。

 

逆に体温が1度上がると免疫力は5~6倍になるとも言われています。

 

免疫力は白血球の働きが大きく関与しています。この白血球は温度が上がれば上がるほど動きが活発になります。病気のときに熱が出るのは、体が体温を上げることによって白血球の働きを活発にするためです。なので薬で熱を下げるのはあまり良いとは言えません。(高熱の場合は別。薬などを使って熱を下げる必要がある)

 

逆に体温が下がれば下がるほどに白血球の働きは鈍くなります。白血球の働きが鈍くなると免疫力が低下します。

 

”体温が”1度下がる=免疫力が30%下がる”

 

免疫力が下がるということはウイルスや細菌への防御力が下がるということです。

 

”免疫力が下がる=防御力が下がる”

 

防御力が下がると病気になりやすくなります。風邪やインフルエンザになりやすくなります。お腹を壊したり、吐き気を感じたりしやすくなります。

 

癌細胞は体温が35度でもっとも活発になると言われています。つまり、低体温の状態になると癌になるリスクが高くなるということです。

 

リスク2、老化しやすくなる

低体温になると体の機能が低下します。

 

体の機能が低下すると体内に老廃物が溜まりやすい状態になります。体の機能が低下しているため老廃物を処理する能力が低下しているせいです。

 

老廃物が溜まっている状態が続くと肌荒れになったり、具合が悪くなったり、便秘になったり、下痢になったりします。そういうマイナスの状態が長く続くと老化が進行してしまいます。

 

リスク3、太りやすくなる

低体温状態になると基礎代謝力も低下してしまいます。体温が1度下がると基礎代謝率が10%低下すると言われています。

 

基礎代謝率が低下すると太りやすくなります。

 

低体温の原因

原因1、食生活の乱れ

食生活が乱れている人が増えています。そのせいで栄養が偏っている人も増えています。栄養不足に陥っている人も増えています。

 

カロリーは足りている。でも栄養は足りてない。そういう人も増えています。太っている人の中にもそういう人がいます。

 

コンビニには美味しいものがたくさんあります。弁当、お菓子、アイスなどなど。人の食欲を刺激する美味しいものが店内にずらりと並んでいます。

 

人は誘惑に弱い生き物です。ついつい美味しいものばかりを選んで食べてしまいます。栄養なんて考えずに美味しいものばかりを食べてしまいます。その結果、栄養不足に陥る。そういう人が増えています。

 

栄養不足になると低体温になりやすくなります。

 

体内でエネルギーを生み出すには、ミネラル・ビタミンが必要不可欠です。ミネラルとビタミンが不足していると、体内のエネルギー生成が弱まり体温が低下してしまいます。

 

以上の理由で栄養不足の人は低体温になりやすくなります。

 

原因2、運動不足

運動が不足していると筋力が低下したり、筋肉が固くなったりします。

 

筋力が低下したり筋肉が固くなると、熱を作り出す力が低下したり血液の循環が悪くなったりして、低体温になりやすくなります。

 

原因3、喫煙

喫煙をすると血管が収縮し、血流が悪くなります。

 

血流の流れが悪いということは、身体の隅々まで十分な血液が行き届かなかったり、末端に行き渡るのに時間がかかり、末端に血液がたどり着く頃には、温度が低くなります。

 

さらにタバコにはさまざまな有害物質が含まれています。200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上も含まれていると言われています。

 

そんな有害物質の塊のようなタバコを継続的に吸っていれば健康状態を悪くします。健康状態が悪くなれば、体の機能が低下し、低体温になりやすくなります。

 

原因4、姿勢が悪い

姿勢が悪いと血流の流れが悪くなります。血流が悪くなれば健康状態も悪くなります。そのため低体温になりやすくなります。

 

”猫背の人”や”足を組む癖のある人”は注意が必要です。

 

肩こりや腰痛がある人も注意が必要です。

 

原因5、自律神経の乱れ

睡眠不足・不規則な生活・ストレス・ホルモンバランスの乱れなどによって、自律神経が乱れ、体温がコントロールできなり、低体温になることがあります。

 

原因6、ストレス

人はストレスを感じると、血管が収縮して血流が悪くなります。ストレスが溜まっている状態が長く続くということは血流が悪い状態が長く続くということです。

 

血流が悪い状態が長く続けば、低体温になるリスクが高くなります。

 

現代はストレス社会。上手にストレスを解消して、低体温になるリスクを下げましょう。

 

低体温予防法

1、栄養バランスの良い食生活を心掛ける。

2、適度な運動をする

3、規則正しい生活を送る

4、ストレスを溜めすぎない

5、タバコを吸わない。あるいは本数を減らす。

6、良い姿勢を心掛ける

7、湯船にきちんと浸かる

 

以上の7つが低体温予防法です。