【名言集】アインシュタインの名言 天才物理学者が残した心に響く言葉を紹介!

f:id:kanifkdlljdl:20171031104802j:plain

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)
生誕:1879年3月14日
死去:1955年4月18日
ドイツ生まれのユダヤ人。
20世紀最大の物理学者。

 

現代物理学の父とも呼ばれ、それまでの物理学の認識を根本から変えた。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

 

アインシュタインの名言

結果というものにたどり着けるのは、偏執狂だけである

 

何も考えずに権威を敬うことは、真実に対する最大の敵である

 

愚者と天才の違いといえば、天才には限度があるということだ

 

知的な馬鹿は、物事を複雑にする傾向があります。それとは反対の方向に進むためには、少しの才能と多くの勇気が必要です

 

大切なのは、自問自答し続けることである

 

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない

 

困難の中に、機会がある

 

人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる

 

人生には、二つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ

 

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい

 

人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない

 

ものごとはできるかぎりシンプルにすべきだ。しかし、シンプルすぎてもいけない

 

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むことそれを狂気という

 

知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ

 

誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある

 

愛は、義務より良い教師である

 

優れた科学者を生み出すのは知性だと人は言う。彼らは間違っている。それは人格である

 

ある年齢を過ぎたら、読書は精神をクリエイティブな探求から遠ざける。本をたくさん読みすぎて、自分自身の脳を使っていない人は、怠惰な思考習慣に陥る

 

シンプルで控えめな生き方が、誰にとっても、体にも、心にも、最善であると信じています

 

可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。相対性とはそれである

 

男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。女は結婚するとき、男が変わることを望む。お互いに失望することは不可避だ

 

無限なものは二つあります。宇宙と人間の愚かさ。前者については断言できませんが

 

私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である

 

真実とは、経験という試練に耐え得るもののことである

 

すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である

 

正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ

 

たとえ国家が要求しても良心に反することをしてはいけない

 

普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ

 

宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教は盲目である

 

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ

 

人間性について絶望してはいけません。なぜなら、私たちは人間なのですから

 

私は頭が良いわけではない。ただ人よりも長い時間、問題と向き合うようにしているだけである

 

間違いを犯した事の無い人というのは、何も新しいことをしていない人のことだ

 

学校で学んだことを一切忘れてしまった時に、なお残っているもの、それこそ教育だ

 

想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む

 

現実は幻想に過ぎない。非常にしつこいものではあるが

 

重要なことは、疑問を止めないことである。探究心は、それ自身に存在の意味を持っている

 

どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか

 

天才とは努力する凡才のことである

 

私は、先のことなど考えたことがありません。すぐに来てしまうのですから

 

神はいつでも公平に機会を与えてくださる

 

異性に心を奪われることは、大きな喜びであり、必要不可欠なことです。しかし、それが人生の中心事になってはいけません。もしそうなったら、人は道を見失ってしまうでしょう

 

自分自身のことについて誠実でない人間は、他人から重んじられる資格はない

 

成功という理想は、そろそろ奉仕という理想に取って替わられてしかるべき時だ

 

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう

 

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる

 

動物と仲良くしなさい。そうすれば、あなたは再び快活になり、何事もあなたを悩ませることはできないでしょう

 

人に対して正しく賢明な助言をすることはできる。しかし、自分が正しく賢明に振る舞うことは難しい。このことわざには真実がある

 

死はいずれやってくる。それがいつかなんて、どうでもいいじゃないですか

 

人は「現実に直面したとき知性がいかに不十分であるか」ということをはっきりと知覚するに足るだけの知性は与えられている

 

心は時として知識を超えた高みに上がることがありますが、どうしてそこに達したのかを証明することはできません。すべてに偉大な発見は、そのような飛躍を経たものです

 

身を切るような体験を通して、私たちは学びました。合理的に思考したからといって、社会生活に生じる問題がすべて解決できるわけではないということを

 

過去、現在、未来の区別は、どんなに言い張っても、単なる幻想である

 

人間にとって最も大切な努力は自分の行動の中に道徳を追求していくことです。私たちが内面的なバランス、そして存在そのものが、そのことにかかっています。行動に現れる道徳だけが、人生に美と品位をもたらします

 

純粋な者が純粋さを見るところに、豚は汚れを見る

 

☆関連記事

【名言集】イチローが残した名言