表情筋は通常の生活では全体の30%しか使っていない!?動画で学べる表情筋トレーニング あなたの笑顔が日本を救う!

表情筋とは?

表情筋という筋肉をご存知だろうか?

 

表情筋とは目・口・鼻・眉などを動かす筋肉だ。

 

f:id:kanifkdlljdl:20170114014106p:plain

出典:PAO(パオ)の効果や口コミは?最安値の価格をチェック!

 

 

表情筋は通常の生活では全体の30%しか使っていない。

 

そのため、無表情で筋肉を使わなかったり、加齢などが原因で衰えたりすると顔のハリをなくし、シワやたるみになる。

 
参考:表情筋とは 

 

つまり意識的に表情筋を使わないと常に30%ほどしか表情筋を使わないということになる。100%のうち30%しか使っていないというのはあまりにも使わなすぎではないだろうか?

 

僕は以前、うつ病を患っていたことがあった。その頃は一日のほとんどを無表情で過ごしていた。そんな状況の中でもときどき他人と会話していると可笑しくて笑ってしまうことがあった。

 

でも上手く笑えなかった。あまりにも無表情でいる時間が長かったため、筋力が低下し、笑顔を作ることが難しくなっていたためだった。「笑顔ってこんなに作るの難しかったっけ?」と思ったのを今でも憶えている。

 

あのときの笑顔をカメラで撮っていたら、きっとひどい笑顔だったと思う。

 

まあ、これは極端な例だが、通常の生活をしている人でも忙しかったりすると笑顔を浮かべる機会が少なくなることがある。そういう場合、久しぶりに笑顔を浮かべると上手く笑顔を浮かべられなくなることがある。

 

現代人には忙しい人が多い。忙しい人が多いということは笑うのを忘れるくらいがんばってしまう人が多いということでもある。

 

笑顔を忘れてがんばってしまう人が多いということは表情筋が低下している人も多いということだ。

 

想像してほしい。日本中に表情筋が低下し、上手く笑えない日本人がいる場面を。右を見ても左を見ても、ぎこちない笑顔しか浮かべることしかできない日本人がいる場面を。何千万もの日本人がぎこちない笑顔を浮かべている場面を。

 

ホラーだ。

 

そんなぎこちない笑顔しか浮かべられない日本人だらけの日本なんてホラーだ。

 

そう思いませんか?

 

そんな日本嫌だと思いませんか?

 

嫌だと思った方は意識的に表情筋と鍛えるトレーニングをしましょう。

 

そのトレーニングを習慣にすれば、笑顔を作れない日本人だらけの日本になるのを回避することができるはずだ。

 

さあ、今日からはじめよう。
表情筋を鍛えるトレーニングを!

 

表情筋のトレーニング6選

1、表情筋を簡単に鍛えるストレッチ

(やり方)

1、目を閉じ、口先を尖らせる。

そして鼻先に顔のパーツすべてを寄せる。

その状態を5秒キープする。

寄せたパーツを離すようにして5秒キープする。

2、目を閉じる。眉と目を眉間に寄せて、5秒キープする。

眉と閉じたままの目を上に寄せて5秒キープする。

目を開け、口を大きく開け、ゆっくりと「あ・い・う・え・お」を口で形作る。

3、頬を上げながら口を横に大きく開けて、5秒キープする。

4、口を縦に大きく開けて、5秒キープする。

5、口を思い切り膨らませて、5秒キープする。

6、口をすぼめて、5秒キープする。

7、微笑むように口を横に広げて、5秒キープする。

8、あごを横にずらして5秒キープする。

反対のあごも同様に5秒キープする。

以上の流れを三回繰り返してください。

 

●笑顔の効能

自律神経を整えてくれる

笑顔には、自律神経を整える作用がある。

 

自律神経には緊張感などを司る交感神経とリラックスなどを司る副交感神経の2種類ある。

 

ストレスの多い状況では交感神経が過剰に優位な状態となり、自立神経失調症などの病気を引き起こす。

 

笑顔でいられる状況や笑える状況は副交感神経の働きを活発化させ、心身をリラックス状態にしてくれる。

 

2、表情筋を伸ばすトレーニング

(やり方)

1、目、眉毛、口を縦に伸ばし、10秒キープする。

2、顔のパーツを中心に寄せ、10秒キープする。

3、口と頬を横に伸ばし、10秒キープする。

4、再び顔のパーツを中心に寄せ、10秒キープする。

 

●笑顔の効能

エンドルフィンの分泌促進

笑いにはエンドルフィンの分泌を促進させる作用がある。

 

エンドルフィンとは脳内ホルモンの一種。

 

幸福感を増進したり、痛みや不安などの抑制したりする働きを持っている。

 

脳内麻薬の作り方 ■エンドルフィン « 頭推按 

 

3、表情を豊かにする!顔筋トレーニング

(やり方)

1、口角を上げて笑顔を作る。

2、片方の口角を元に戻しながら、逆の口角をさらに上にあげ、3秒キープ。

そのままの状態で口角をあげているほうの目を閉じるを5秒キープ。

ゆっくりと目を開けながら口角を元に戻す。

反対側も同様に行う。

以上の流れを6回繰り返す。 

 

●笑顔の効能

免疫力アップ

笑顔にはNK細胞やB細胞が活性化するのを促進する効果がある。

 

NK細胞には、体に侵入してきたウイルスや細菌、あるいは発生したガン細胞を攻撃し殺す働きがある。

 

B細胞には、骨髄内部にて作り出され、細菌やウイルスに対する抗体を作り出す働きがある。

 

4、フェイスライン二重あごをすっきりさせるトレーニング

(やり方)

1、背筋を伸ばし、首が傾かないようにゆっくりと天井を仰ぐ。

そして口を大きく開け、口角に力を入れて、5秒キープする。

上を向いたままで口を閉じ、ゆっくりと自然な状態に戻す。

 

●笑顔の効能

心臓病の予防に効果がある

米カンザス州立大学は、表情と健康の関連を調査するため実験を行った。

 

169名の被験者を3つのグループに分ける。それぞれのグループに「無表情」「口元だけの微笑」「顔全体を使った大笑い」の表情を維持したまま、精神的ストレスとなる作業を行わせた。

 

そして、作業後の心拍数と 被験者の自己申告によるストレスの度合いを集計した。

 

実験の結果、大笑いの表情で作業をしたグループは 、他の表情で作業をした2グループに比べ、心拍数(血圧)の上昇がほとんど無いということが明らかになった。

 

5、顔のたるみを改善するエクササイズ

(やり方)

1、目を時計回りに大きく3回まわす。

反時計回りも同様に3回まわす。

2、大きく口を開けて、「あ」の形を作る。そのままの状態で口を横に動かして、片方の頬を上にあげる。それを2秒キープする。

反対側も同様に行う。

左右交互に5回行う。

3、口を閉じた笑顔を作り、ゆっくりと口角を上げ、元に戻す。

それを5回繰り返す。

4、顔をゆっくりと上にあげ、舌を出す。出した舌を左右に(5往復)大きく動かす。

 

●笑顔の効能

糖尿病・リウマチの改善効果がある

日本医科大学の吉野慎一教授は、関節リウマチの患者に落語を聴かせて大笑いさせた後、体内のIL-6の値を測定した。(※ IL-6とは、炎症や免疫疾患の発症に関与し、関節リウマチを悪化させると言われる物質)

 

その結果、既存の薬を使用した場合よりも 大笑いさせた後の方が、劇的にIL-6の数値が減少した。

 

●笑顔の効能の参考サイト

笑顔が引き起こす16の神秘的効果!よく笑う人ほど幸せになれる理由! | Dreamer 

 

笑顔の効果!笑うことの素晴らしいメリット7つ | HOTNEWS(ホットニュース) 

 

6、顔の歪みを解消するストレッチ

(やり方)

両手のヒラでこめかみを包み込む。

そのままの状態で、口を上下に30回閉じたり開いたりする。

次に、下あごを30回動かす。