恋愛対象になりやすい女性の7つ特徴 これを知れば「好きな男性」と恋愛関係になれるかもしれない

f:id:kanifkdlljdl:20170101181055j:plain

1、笑顔が素敵

笑顔が素敵な人はモテる。これは真理だと思う。

 

笑顔が可愛くない女の子を想像していだだきたい。どう思った?友達になりたいと思った。付き合いたいと思った?思わなかったよね。そう思うのは当然だよ。人は笑顔が素敵な人を好む性質があるんだから。

 

もちろん、不細工な笑顔を好む人もいる。でもそれは少数派だ。ほとんどの人は素敵な笑顔を好む。

 

ためしにもう一度不細工な女の子の笑顔を思い浮かべてほしい。どう思った。ほとんどの人が不快感を抱いたはずだ。

 

このようにほとんどの人は不細工な笑顔に不快感を抱く。だから不細工な笑顔は浮かべてはいけない。

 

ここまでの話で自分は不細工だから他人に好感を持ってもらうのは不可能だと思った人がいると思う。それは勘違いだ。僕が不細工と表現していたのは生まれつきの容姿のことではなく、笑顔のことだ。笑顔が不細工な人はモテないと話していたのだ。

 

ぎこちない笑顔や目が血走っているような笑顔。そういう不自然さのある笑顔を浮かべる人のことを不細工だと言っていたのだ。

 

たとえば笑顔を浮かべる回数が少ない女の子。1日に2,3回くらいしか笑わない女の子。こういう女の子は笑顔がぎこちなくなりやすい。ぎこちない笑顔は見る人に不自然さを感じさせる。その感覚が人に不快感を与える。その不快感が相手への好感度を下げる。という展開になりやすい。

 

笑顔を浮かべる回数が少ない人はそういう展開になりやすいのだ。

 

だから笑顔を浮かべる回数が少ない人は意識的に笑顔を浮かべるようにしてほしい。それを繰り返せば、笑顔を作る筋肉が鍛えられ、自然な笑顔を浮かべることができる。

 

自然な笑顔は見る者に好感を抱かせる。もちろん、必ず好感を抱かせられるわけではない。好感を抱かない人もいる。でも自然な笑顔は不自然な笑顔よりは相手に好感を抱かせることができる可能性が高い。

 

だから、笑顔を浮かべる練習をしたり、機会を増やしたりすることは無駄じゃない。なのでどんどん笑顔を浮かべよう。お風呂の中で鏡を見ながら笑顔の練習をしてみよう。夜寝る前に鏡の前で笑顔を作ってみよう。

 

その努力は、きっと自分の人生にプラスになるはずだ。

 

笑顔は変えられる。素敵な笑顔は誰でも浮かべることができる。努力したいで浮かべることができる。そう信じて自分の笑顔を磨こう。

 

笑顔トレーニング動画

 

2、ツヤがある唇

プルンプルンでツヤのある唇を見ていると健全な男子はみんなキスをしたいという誘惑を抱く。それくらいツヤのある唇を持った女性は男性にとって魅力的に見えるのだ。

 

ガサガサで血の毛を失った女の子の唇を想像してほしい。うまく想像できない人は、学生時代、夏の寒い日、体育でプールで泳がされたときの生徒たちの唇を想像してほしい。みんな唇が真っ青だったはずだ。

 

そんな不健康な唇を想像して好ましいと思った人はいないはずだ。ほとんどの人が嫌な気分になったはずだ。男性だけではなく、女性も嫌な気分になったはずだ。このようにガサガサ・血色の悪い唇は人に不快感を与える。

 

健康的なツヤプル唇はみんなが好感を持つ状態なのだ。だからみんなツヤプルの唇を目指してがんばってほしい。女性だけでなく、男性もツヤプルの唇を目指してがんばってほしい。そうすれば日本は唇ツヤプル大国になれる。そうなれば諸外国の人に好感を抱かれる。ツヤプルジャパンと評価されるかもしれない。そうなればツヤプルは人類の理想になるかもしれない。

 

さあ、みんなでツヤプルを目指そう。

 

・・・なんか宗教家みたいなノリで話を進めてしまった。もうしわけない。

 

でも、僕は嘘はついていない。ツルプルの唇は見る人に好感を抱かせる。だからツルプルを目指すことは間違いではない。

 

3、健康的で柔らかそうな体

女性の魅力のひとつである柔らかさ。男性にはないその柔らかさを好む男性は多い。

 

でも現代者社会は痩せたモデルのような女性のほうがモテると思っている女性がたくさんいる。確かにモデルのような体型を好む男性はたくさんいる。でも柔らかい肉感のある女性のことも好む男性もたくさんいる。

 

それなのにテレビや雑誌の情報に洗脳されて、モデルのような体型がモテると思い込んでしまう人がたくさんいる。そして無理なダイエットで体を壊している女性がたくさんいる。それは非常に悲しいことだ。自然な柔らかさのある体型の女性を好む男性もたくさんいるのに、マスコミの偏った情報に洗脳されて、健康を害するなんてほんと悲しいことだ。

 

マスコミはほんと許せない。もちろん、マスコミに洗脳されているのは女性だけではない。男性も洗脳されている。痩せたモデル体型の女性を好むのが常識だという洗脳をされている。そういう女性を好まないのは間違ったことだと洗脳されている。

 

そんな洗脳をされた男性が女性に無理なダイエットを強いる。

 

ほんとうにひどい世の中だ。

 

そんなひどい世の中で垂れ流されている偏った情報に流されてはいけない。健康的で肉感のある柔らかそうな体型の女性を好む男性もたくさんいる。それを憶えておいてほしい。そうすれば無理なダイエットで健康を損なうことはなくなる。

 

健康的な肉体。その状態が一番、魅力的な肉体だ。それを憶えておいてほしい。マスコミや一部の男性の価値観に洗脳されて間違った生き方をしないでほしい。

 

ちなみに僕は健康的で柔らかな肉感のある女性が好きだ。大好きだ。

 

4、甘え上手

甘え上手な人とは毎日のようにあの手この手で甘えている女性のことではない。TPOによって甘えたり、甘えなかったり上手にできる女性のことだ。TPOによって甘えたり、甘えなかったりできる女性は相手のことも考えることのできる女性だ。逆に常に甘えることしか考えない女性は自分のことしか考えてない。そういう女性は男性に嫌われる。それとは対象的にTPOによって甘えたり、甘えなかったりできる女性は男性に好まれる。

 

なぜか?

 

男性にも自分が甘えたいときや相手を甘やかしたいと思うときがあるからだ。TPOによって甘えたり、甘えなかったりできる女性は男性のそういう性質を察する能力が高い。だから上手に男性の願望を満たすことができる。そのため好感を持たれる。

 

この世はギブ&テイクだ。相手が与えてくれるから自分も与えたいという気持ちになる。相手が自分の甘えたい気持ちを満たしてくれるから自分も相手の甘えたい気持ちを満たしたい気持ちになる。それが人の基本的心理だ。だれもがその心理メカニズムを持っている。

 

だが、自分のことしか考えてない人はそのメカニズムが停止してしまっている。そのため一方的に相手から与えてもらうことを望む。

 

そんな公平性を欠いた女性を好きになる男性はほとんどいない。そんな女性を好きになるのは一部の物好きな男性だけだ。でもそんな物好きな男性でも与えるだけの不公平な関係にいずれ疲れ果て、その不公平女子から離れていく。

 

なぜか?

 

人は公平を求める生き物だからだ。公平でない状況を不快に思う生き物だからだ。だから物好きな男性もいずれはその不公平女子から離れていく。

 

その物好き男性が生まれつきの超マゾヒストならばそんな不公平な関係がずっと続くかもしれないが。そんな超マゾヒストは世の中にほどんどいない。絶滅危惧種レベルの数しかいないと思う。

 

だからほぼ100%の確率で不公平女子は嫌われる運命にある。

 

そんなほぼ100%の確率で嫌われる不公平女子のようにならないためにも、上手に甘えられる優しい女性になろう。

 

5、「ありがとう」と素直に言える

相手が自分のためになることをしてくれたら「ありがとう」と言う。これは人として最低限の礼儀だ。でも、この最低限の礼儀すらできない女性がいる。

 

親に超甘やかされて育った女性やまともな教育を受けてない女性や教育は受けていてもそれを憶えていない女性などはこの最低限の礼儀すらできない女性になりやすい。

 

ありがとうを言えない状態は礼儀を失った状態だ。それはトイレで手を洗わなかったり、路上にゴミを捨てるなどの行為をするのと同じことだ。葬式でゲラゲラ笑ったり、結婚式でお経を唱えたりなどの行為をするのと同じことだ。そういうレベルのことをするのと同じくらいありがとうを言えない状態は、非常識な状態なのだ。

 

そんな非常識な女性を魅力的だと思うだろうか。少なくとも僕は思わない。

 

最低限、ありがとうと自然に言える女性でいよう。さらにありがとうと言うとき笑顔を浮かべることができれば言うことなしだ。

 

笑顔でありがとうと言われるのは男にとって最高のご褒美である。

 

6、弱い自分を見せることができる

弱い自分を見せることができる女性は親近感を抱かれやすい。

 

人は不完全な生き物だ。だから不完全な人を見ると親近感を持つ。逆に常に完璧な人間には距離感を感じてしまう。自分とは異質な存在だという違和感を持ってしまう。そのため完璧な生き方をしている人に対しては親近感を抱きにくい。

 

親近感を抱かれやすい人は好感も抱かれやすい。

 

だから自分の弱い部分を見せることは相手との距離を縮めるのに有効な手段といえる。でも、この方法を多用してはいけない。

 

多用すると、

「この女性はグチっぽいな」「ネガティブだな」「重い女性だな」「ずっといっしょにいたらシンドイ人生になりそうだな」

と思われる可能性が高くなるからだ。

 

そう思われてしまうと好感度が下がってしまう。

 

ときどき弱い自分を見せる。そうすると相手に親近感や好感を持たれる。そう憶えておいてほしい。

 

7、ちょっと天然で危なかしい

男性には保護欲がある。か弱い者、大切な者などを守りたいという欲望だ。

 

ちょっと天然で危なっかしい女性は男性のこの保護欲を刺激することができる。この女性を守ってあげたいと思わせることができるということだ。

 

車の運転がぎこちなかったり、熱いものを持ったとき軽い火傷をしたり、平らな場所で転びそうになったり、階段の段差につまづいたりなどの天然行為をすると男性の保護欲を刺激することができる。

 

ためしに天然行為をしてみるといい。きっと男性がいつもより優しくなるはずだ。

 

でも、あまり頻繁に天然行為をするとワザとやってるんじゃねーかと男性に疑われる可能性があるので注意が必要だ。

 

ほとよく天然行為をして男性の好感度をアップしよう。